SDGsへの取組み

  • トップページ
  • SDGsへの取組み

エヌ・エス・エムのSDGsへの取組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは?
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。
取組み方針

弊社はドキュメントソリューション事業を核とした企業活動の取組みにあたり、次に掲げるSDGs宣言に従い、2030年SDGs目標達成に向けて、経済、社会、環境に関わる様々な活動に取組んでまいります。(取組み一覧表)

(SDGs宣言)

  1. SDGsを意識した取組を行っていくことを明文化し、全社員に浸透を図ります。
  2. 中長期計画策定・実行にあたりSDGsを意識した内容を盛り込み、社内外に発信を行うことで地域に無くてはならない企業としての地位向上を図ります。
  3. 事業活動を通じて医療・福祉の業界課題および社会的課題の解消に貢献します。
  4. 民間企業や行政と密に連携することで、地域の課題解決に貢献します。

取組み一覧表

取組み項目 取組み内容 SDGs目標
企業活動を通じた貢献 製品・サービスの提供を通じて、当社に関わる全ての皆様の幸福の創造と社会への貢献を願っています。そのために、会社設立以来一貫して掲げてきた「技術」「挑戦」「信頼」の3つのキーワードを大切にしながら、高い技術力と信頼のサービスで、主に医療・福祉業界のお客様の課題解決に貢献しています。
労働環境の改善 オフィスで使用する設備は省電力化に対応できる設備を積極的に活用し、離席時は電源を落とすなど省エネルギーに努めています。また、有給休暇の取得促進や各職場における残業時間の削減、オンライン勤務やフレックス制など、多様な働き方を認めることで働きやすい職場づくりにも取り組んでいます。さらに、社内でハラスメントが発生することを未然に防止するため、ハラスメント関連の担当者を指名し、発生防止に取り組んでいます。
ワークバランスの実現 家庭の事情を優先した、有給休暇の取得を認めているため、妊娠・出産・育児に伴う家庭と仕事のバランスを取りやすい環境づくりを実現できています。その他、オンラインでの勤務やフレックス制の導入など、子育て世帯に優しい環境づくりを実施しています。
不平等の排除 採用、評価、福利厚生等において、平等に扱うことを徹底し、国籍や性差、障がいの有無や雇用形態などを理由とする差別を一切行っていません。また、就業条件等に一切の差別的規定が無く、基準を明文化してすべての従業員に公開しています。
個人の成長 業務に必要となる資格の取得について、取得に係る費用を会社にて負担し、社員のキャリアアップとスキル向上を図っています。
地域社会との共生 各拠点において、周辺地域の人材を積極的に採用することで、地域の雇用に貢献しています。
ステークホルダーとの連携 大学と連携して新たな災害対策システムの開発に取り組むなど、パートナーとの連携を積極的に図っています。その他、社会福祉法人や就労支援施設とも連携し、技術の指導や業務の発注を行うことで間接的に社会復帰の支援を行っています。